アラフォーオヤジの明日はどっちだ

アラフォーオヤジの明日はどっちだ

不動産・リフォーム、経済・節約好きオヤジが築古アパートを運用したり明日を変えるために実行・調査した奮闘記

当ブログの説明

はじめまして!わたぞうといいます。

f:id:wawwaw:20200508161834p:plain

 

このブログの詳細はこちらに書いてますが、主に自分の生き方を変えるために、実際に行動した体験談お役立ちノウハウを基本分けてまとめていこうと思っています。

 

様々なテーマが増えていくと思いますが、基本は不動産投資の話が多いと思います。

 

不動産投資って、金持ちのやることだ!悠々自適でいいな!不労所得!って感じる方多いかもしれませんが、決して楽な商売ではないと思っています。 

 

経済的自由を手に入れて、生きていく上での選択肢を増やして行くことを目標に日々邁進していく。

 

そんな不動産って面白そう!って思える方にはオススメします。

 

不動産体験談

アラフォーオヤジの日記

 

不動産ノウハウ

不動産投資/物件探し

不動産投資/空室対策 

 

 

コメント・連絡OKです

 コメントや質問・交流したい!などなど遠慮なく大歓迎です!

 不動産や投資ついての情報交換をしながらコミュニティを広げたいと考えています。


お問合わせフォームはこちら

 

はてなを使ってない方の購読はこちら

 

 

▼本日も応援お願いします!アナタの1日1ポチりがブログを救う♫

ブログランキング・にほんブログ村へ 

無職期間の手続きや支払いが一段落したと思ったら一通の手紙が届いた

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

転職後、色々な手続きがありましたが、1.5ヶ月目にしてやっと保険やハローワークへの手続きが落ち着いてきました。

 

転職は数回しましたが、基本的に期間を空けずに転職をしてきたので、そこまできになりませんでしたが、一度無職になると結構面倒なことが多いです。

 

例えば今回は保険も「任意継続」という会社員のときの保険を自分で払う代わりに2年間無職になっても継続できる仕組みがあるのですが、それを今の会社の保険に変更したり、重複して支払いをしていたものを還付してもらうための申請など色々やりました。

 

これで一段落だ。。。

 

と思った矢先に一通の手紙が届きました。

 

そこには「届け出はお済みですか?国民年金加入のご案内」と書かれてました。

 

え?

 

社会保険は任意継続していたから国保に入る必要はないんじゃないか?

と思ったんですが、年金事務所に問い合わせてみたところ、完全に勘違いをしてました。

 

国民年金保険とは?

基本的な仕組みとして、日本人である以上、フリーだろうが、会社員だろうが、年金を支払っています。

 

会社員の人は通常、厚生年金というものに入ってますが、会社を止めたらそれが無くなるので、その期間は国民年金保険(通称:国保)に入る必要があります。

そしてその費用は全額自分で出す必要があります。

 

個人事業主や事業をやっている人はお金かかりますね~~。。

 

うっかり勘違いをしていた

そして、僕が勘違いをしていたのは保険の任意継続は社会保険(健康保険、年金保険)のことだと思っており、実は健康保険だけのことだったんです。

 

まあよく考えたら、社会保険って、年金もそうですが、雇用保険労働災害保険も入ってくるので、無職にそれが必要とは思えないのでと冷静に考えるとわかるのですが、

とにかく間違えてました。

 

なので本当は無職中に、国保に加入してお金を払うべきだったのです。

 

今回はその支払ってない期間をさかのぼって国保に入る手続きをして支払ってね!というものでした。

f:id:wawwaw:20200508114203p:plain

 

ここらへんも今勉強しているFPの本に出てくる内容なのに~~~(泣)

 

年金事務所と市役所に問い合わせてみた

すぐ年金事務所に電話して、こういう事情で、こうなってこの後どうすれば?みたいな話をしていたんですが、実は中にもう一枚紙が入っており、「免除制度について」と書かれていました。

 


f:id:wawwaw:20200723113939j:image

 

 

 

 

免除制度・・・・何!?

 

 

 

 

早速聞いてみました。

 

 

免除制度ってありましたがどうしたらできるんですが?

その期間無職だったり、年収が低くて払うのが困難だということを証明できたら審査の上、免除、もしくは減額できます。

 

(なに!!?免除したい・・)でも、、それによるデメリットはありますか?例えば、年金がもらえなくなるとか、減るとかあるんですか?

 

その免除した期間と同じ期間だけ受給期間が減ります

 

なるほど、今回は一ヶ月免除にするとしたらもらえる額が一ヶ月減るんですね~

 

その時、僕のスーパーケチケチコンピューターが作動した。

 

現在の年金のシステム上、払った額よりもらう額のほうが断然低いし、受給される年齢も上がっている。もらえないとか基本額が減るのは痛いが、将来一ヶ月もらなくなっても今一ヶ月免除したほうが間違いなくだ。

 

無職だったんです。どうしたら証明できますか?

 

離職票とか、ハローワークに行っていたら雇用保険受給資格者証とかあれば証明はできます。後は去年の年収とかから審査します。

 

またここでもお世話になる「雇用保険受給資格者証ハローワークで失業手当をもらったり、再就職手当を申請する際に必要な有りたい紙です。

 

取っといてよかった。

 

大好き!この書類!!!!

 

その後、市役所に出向いて、国保の手続きがしたいです。そして免除もしたいと申請したら受理されました。

まあまだ審査があるので、どうなるかわかりわかりませんがおそらく無職だったので、免除になりますとのこと。少なくても全額支払いは無いと思います。

 

よくうちの会社くそだ!やめてやる!とか愚痴ってましたが、会社員って節税とかできないけど、厚生年金の半額払ってくれているし、本当色々守られているんだな~ありがたや~と思う今日このごろでしたw

 

ではまた

 

 

【保険の見直し】人生で高い買い物ベスト2の保険を最適かどうか相談してきた

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

前回の記事はこちら

 

 

地元に新しくできた保険代理店に早速予約をして出向いた。

平日に一発目は嫁が相談にいっており、嫁の話はある程度済んでました。

 

嫁のは貯蓄型の生命保険と掛け捨ての医療保険だったが

貯蓄型の方は昔契約していたのもあり、今より利率が高いのでそのままにしてもいいのだろうと言う話でした。

 

医療保険は僕と同じで入院・手術だけの保障なので、通院も出るタイプにしたいようだ。そして値段も安くなるガンと入院・通院が別れている2つの保険を提案されていた。

 

 

そして僕の番が来た。

 

僕の保険のおさらい

・生命保険×2(貯蓄型)

医療保険×1(掛け捨て)

特に医療保険のほうがあまり入らないのでは?と気になり始めた。

 

 

まず突っ込まれたのは、生命保険の方だ(僕は医療保険の方をどうするのか迷っていたので)

f:id:wawwaw:20200725083740j:plain

 

貯蓄型なので、損することはなく解約しなくていいけど、

2つ合わせても死亡保障が500万だったのだ。

 

500万で足ります? と保険のおばちゃん

 

ま、まあ足りると思います。と僕

 

その根拠は?とおばちゃん

 

そこでお得意のライフプランを提示してきた。

もし、わたぞうが死んだら遺族年金が月に00円出て、でも月に00円必要なので、00円足りなくて~みたいなロジカルな話がでてくるわけです。

 

基本、保険屋さんは不安を煽って、その不安を解消するための保険を提案してくるのが営業トークマニュアルです。

 

心のなかでそのために不動産やっているので、いざとなったら運用すれば毎月足りない分以上のお金が入ってくるし、運用が嫌なら売ればまとまった金額になると思っていたが、不動産の話を出すのは話が逸れまくるので、

 

やめてまあ、株やら投信やら運用(不動産の話とどう違うのか?w)しているし、貯金もそれなりにしているつもりなので~みたいな話をしました。

 

ただガンになったら結構かかる

所有しているお金で補填できるかもしれないが、老後資金が厳しくなるよ

みたいな話をされて、こんな保険はどうですか?と提案されました。

 

死んだら500万でます!みたいな一時金ではなく、

死んだら毎月10万つづでます!という保険があるそうな。

 

ん?それいいじゃん!と僕(簡単にはめられるw)

 

毎月コンスタントに出るというのが生活の保証がされるなと感じたわけです。

しかもそちらのほうが保険会社もまとまった金額をどんと出すわけでないので、保険料が若干だけど安くなるようです。

 

僕が保険に加入した6.7年前はこんなものはなかった。

(あったのに提案されなかっただけかもですが)

 

 

提案の話から話は外れて、相続のことやFPのことなど雑談しまくって、

子供もつれていったのに、計3時間話込んでしまいました。

子供は大人しくプレイルームでアニメ見ていたけど、よく持ったな~と思うのと同時に申し訳なかった。

 

ここで言われたのは医療保険って掛け捨てが多いと思うけど、

医療って新しい病気がでてきた、入院期間を長くさせないようになってきたなど、数年でちょこちょこ変わるので5年くらいで見直しが必要だそうです。

 

僕の場合は他のに変えるというより、辞めようかなと思っていますが、

今ってコロナも有るし、もう少しだけ様子見ようかな~と考えています。

 

雑談と説明が終わったら、間髪入れずに次はどうします?(予約するなんて話してないのに、やりますよね?やるの前提でのトーク流石です。)

 

と聞かれたけど、

 

 

いや、まとまってないので、まとめてから予約の電話します。

と間髪入れずに僕も応戦。

 

早いほうがいいですよ!とおばちゃん

 

ですよね。早くまとめないとなと僕

 

こうして保険の見直し相談は終了しました。

 

 

でも苦手な保険の勉強にもなったし、関係ない相続や金融の話も聞けたので非常に勉強になるいい時間でした。

 

今の保険でいいのかな?と思ったら変える変えないは置いといて、

一度話を聞きにいくと良いと思います。

 

ではまた

ガス屋さんにインターフォンを無償でつけてもらったら入居者さんに喜ばれた

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

f:id:wawwaw:20200331211928j:plain

以前ガス屋さんとの契約で色々あったと書きましたが

基本的にはちゃんと交渉すれば良いことも多いです。契約にあったインターフォンをつけてもらいました。

 

仕組みは過去記事で記載してますが、無料でつけて貰う代わりに、

ガス屋さんの変更ができない(正確に言うとできるけどその分のかかった費用を違約金として払ってわれる)

 

すべて無料だとつけてガス屋を変更したら丸儲け!って業者さんも商売なので、そんなにうまい話はありません。

減価償却みたいな考え方です。途中でガス屋変更したら元金の残りの金額を支払う

例)インターフォン代金3万、5年で止めた場合

3万を10年で割ると3千円5年なので15000円

15000円を支払う。10年使えば0円

 

ガス屋さんもなかなか忙しいのか動きが悪いけど、

6部屋中の3部屋をつけてもらった。

 

入居者さんとの日程調整がある上に、減価償却とは言え、無償でつけるせいかそこまで積極的に動いてはくれない(担当者によると思うが)

 

ただ元々ピンポンしかなかった部屋にテレビ付インターフォンがついたことで、

ドアを開けなくても相手の顔が見えるし、断ることもできるので、

安い家賃なのに、助かります。と喜んでもらえた。

 

必要以上にお金はかけられないけど、入居者さんに喜んで快適に長いこと住んでもらうのってやはり重要ですね。

 

まあ今はTV付きインターフォンなんて当たり前に設置されているとは思いますが、

まだまだ僕が持っているような築古アパートだとついてない所なんてよくあるんですよね。

それを工夫することでこちらの手出しは減らしつつ、設備を立派にしていくのが大家の腕の見せどころ。

 

 

 

あと今回こだわったのは、有線にしたということ。

 

 

 

これも普通につけている人からすると当たり前ですよね。家のインターフォンって有線ですよね?

 

無償でガス屋さんにつけてもらう時って無線が多いんです。

 

理由は工事が不要(簡易)になるから

 

有線にすると本体価格は多少安いけど、外に設置して、コードを伸ばしてどこかに穴を開けて、天井の裏とかに這わせて、室内の壁に設置するとか結構手間なんですね。

 

そしてもちろん費用がかかる。

 

無線のメリットも色々あります、受け手のほうはリモコンみたいなものを持って、寝ながらでも出れるというポイントがあります。

ただ無線なので、中も外も電池式なんです。

 

ということは数年に一度は誰かが電池を変えないと使えなくなる。

 

またリモコンも設置しているわけではないので、壊れた。無くしたなんてことも発生するかもしれない。

ということを考えたら、有線のほうが運用も考えると断然良いなと思ったのです。

 

で、ガス屋さんに交渉したら、

 

無線のほうが便利です。

無線のほうが高くていいものなんですよ!

 

なんて色々言われて無線にさせようって強引に話をもっていきますが、

 

絶対に有線がいいです!

 

と言い張り、なんとか有線で設置してもらいました。

 

ちなみに、以前知り合ったガス屋の営業のおじさんにあなたならどっちを選ぶ?ぶっちゃけ!って聞いたら

 

有線です。。

 

と言ってました。あまりやりたくは無いですが。。。と付け加えて

 

まあ結果的にどっちがよかったかはわかりませんが、

入居者さんが喜んでくれているようなので何よりです。

 

ではまた

【固定費見直し】人生で高い買い物の一位はマイホーム。二位は・・・

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

タイトルにもありますが、二位はなんだと思います??

 

 

 

 

第二位はなんと、、

 

 

 

 

 

保険なんです!(生命保険、医療保険など)

 

 

f:id:wawwaw:20200724123238j:plain

 

保険のリテラシーの低さに自分でも呆れる

 

僕はお金の知識として、攻め(収入を増やす)の知識、守り(出費を減らす)の知識が必要だと思っています。

 

結構偏っている人が多いと思っています。

例えば年収1000万の人が派手な生活をしていて、毎月、お金が無い~ってジリ貧になっている人もいます。

逆に年収300万台の人でもコツコツ貯めて地道に投資をして増やしている人もいます。

 

話は逸れましたが、攻めと守りを強化することで豊かな資産形成ができるんだろうなと思っています。

 

 

そんな僕はどうかというと、保険に関して全くもってダメダメなんです。

そもそもの知識はない上に、結婚のときに嫁から言われて、渋々保険のま○ぐちの人に言われたまま入って、自分がどんな保険に入っているのか把握してないんです。

 

なんだろう??全然興味がわかないんですよね・・・(じゃあ入るなって感じなんですが・・・)

 

自分の保険のことを知ると意外が事実が

 

ただ、あるきっかけがあって、今の保険のことを考えたんです。

 

僕は生命保険×2(貯蓄型)、医療保険×1(掛け捨て)に入っているんですが、

特に医療保険のほうが気になりました。

 

内容としては年5万円(月4000円程度)くらいの保険で、入院したら1日5000円、手術したら×20倍~、ガンと診断されたら50万。

 

みたいな内容でした、親がうちはガン家系だ!と昔から言っていたので、ガンが気になって保証をつけるかくらいに思っていました。

 

ただこれよく見るとガンで50万円・・・

 

 

ん??それだけ??

 

 

年5万払っているということは、10年何もなかったら、いやかかったとしてもチャラ。

ん~。10年の間にかかる気がしません。

 

例えかかったとしても、その費用を貯金さえしておけば、それで払うこともできる。

入院もあるじゃないか!と思うかもしれませんが、

今の病院は長く入院させません。治ってなくても10~20日くらいで出してしまうのです。その後は通院する。

 

10日で5万円、20日で10万円。。。。う~む貯蓄でなんとかできそう。。。

 

あと保険に皆さん入っていると思いますが、健康保険に「高額療養費制度」というものがあるので、年収に応じてになりますが、もし高額な費用がかかったとしても自己負担限度額があるので、ある程度はセーブできます。

 

と考えるとこの保険いるのかな~~と思いました。

 

いやでもまあ月数千円だから、将来の不安を考えたら、

大した額ではないのでは?と思うかもしれません。

 

例えば、男性の例で大学卒業後就職して22歳から月額6,000円の生命保険に加入し、
平均寿命である85歳まで保険料を払い続けた場合


年間保険料:月額6,000円×12カ月=72,000円
払込期間:85歳―22歳=63年

生涯払込保険料:63年×72,000円=4,536,000円


450万円以上の支払いになってしまいます。

 

 

 

安めのワンルームマンションが買えてしまいます。

 

 

 

65歳で払込免除とかありますが。月額もその分高くなります。

 

事実を知ったら見直しする必要がでてきた

f:id:wawwaw:20200724122333j:plain

 

保険全般が悪いわけでは無いのですが、かけた分だけ、もし病気や死亡をしたときにりそれに見合ったリスク回避できるものならむしろかけたほうがいいと思います。

そう、よくテレビCMでもやっている保険の見直しの必要が出てきました。

 

 

そうして早速地元の保険屋さんにいくのでした。

 

▼つづきはこちら

 

 

 

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア