アラフォーオヤジの明日はどっちだ

アラフォーオヤジの明日はどっちだ

明日を変えたい、人生を豊かにしたいと不動産、リフォーム、経済・節約好きオヤジが突撃体験・調査した奮闘記

【戸建賃貸】リフォーム業者の出会いと相見積もり

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

戸建って言ってますが、そもそもスペックを話してませんでした。

もはや戸建てと言って良いのかわからない物件。

 

これは鉄筋コンクリートでできているテラスハウスという代物で、

戸建てとマンションの中間みたいなもの

ちなみに4DKの70m2くらいの広さなので、ファミリーが住める十分な大きさだ。

 

戸建ては古いとボロくて骨格にガタがくる

マンションは管理費・修繕費が毎月かかってくるのでキャッシュフローが合いにくい

ということでこれを買うことにしたのだが。

 

古いのでリフォームは必須だ。

しかも前回の記事にも書いたが、なるべくお金をかけないで最低限以上にきれいにしたい。

これには計画が必要だ。

 

 

f:id:wawwaw:20210409065252j:plain

 

 

まずは地元の業者と繋がりたい!と思ってgooglemapで探した。

 

MAPで探すのがポイント。

f:id:wawwaw:20210409065540j:plain

 

単純に検索だとひっかからない近くの業者を見つけることができるから、

そして普通の検索で上位に出てくるサイトはアフィリや広告系のサービスだったりするので、何かしらお金が乗っているケースがあるのを、WEBサービスを運営したことのある僕は知っていた。

 

で数社見つけた。

 

速攻電話して複数社に話を聞いた。小さい工務店とかだ。

 

本当は直接大工さんと繋がりたかったけど、流石にネットには載っていない。

(載っているのは何かしらお金が絡んでいる媒体)

 

ある程度目星をつけておいて、

契約日が決まったらすぐに連絡して、次の休みに見積もりに来てもらった。

僕は相見積が基本なので、最低でも3社には声をかける。今回は4社。

 

今回はやりたいことをさくっと、そしてざっくり考えて、

それをMAX値として来た業者さんに伝えた。

 

その日に4社見積もってもらったから、

最初の休日はこれだけで終わった。

 

話をしているうちに、こうしたらいかがですか?

と提案してくれる業者さんもいたので、それも次の業者には盛り込んで

見積もってもらう。

 

もちろん、予算ありきなので、MAX値でここから金額見て削ります。

と最初にお伝えはしていた。

 

 

ちなみに、僕が見ているのは人物面だった。

 

f:id:wawwaw:20210409065633p:plain

 

過去マイホームで色々な業者さんにリフォームを依頼してきたが、

重要なのは人間性とスキルだ。

 

スキルは正直やってみないとわからない。

でもヒアリングをしているとある程度はわかるようになってくる。

 

 

 

まずはノリだ。

 

 

見た目チャラチャラしていてもしっかりしている人はいる。

その逆も然りだ。

 

 

 

色々質問すると、「あー大丈夫っす。いけまっす!」

即返事をする人は要注意だ。

 

 

腕に相当な自信をもっているか素人だからだ。

 

 

後で出来ない。やったけど不十分なクオリティだとか発生する可能性がある。

また直接、手を動かさない管理者みたいな人も要注意。

 

 

営業というべきか。

現場のことを知らないで契約だけを考えている人は後でトラブルにもなる。

(基本は営業みたいな管理者がくるんですけどね。)

 

 

また反対に

「ん~これはできるかな~。これはやってみないとわかりません」

とやけに慎重な人も要注意だ。

 

 

後で出来ない、見積もりが都度変わるとなる可能性が高い。

また工夫をしないで、一般論をだしてくるからだ。

 

「サイズ的に入らないので、無理です!」

 

と言うのか、

 

「サイズ的に入らないので、ここを削りましょう」

 

というのでは大きく違う。

 

 

 

僕は優等生みたいなリフォームをする気はない。

イデアにより、「安くて入居者の人に喜ばれる」リフォームをしたいからだ。

 

見積もりの金額を見る前から、この業者はないわ~って思ったのが、

このタイプの業者さんで一社あった。

 

安くてもやりたくない。

これは正解がないので、自分に合うか合わないかだけだと思う。

 

 

後は、話の流れで「ホームセンターとかの下請けやらないんですか?」

とか聞いてみる。

 

過去にもホームセンターの下請け業者にひどい目にあったので、考え方を聞いてみたかった。

 

ある業者ははっきり

 

「ホームセンターの仕事はいい仕事ができないんです」

 

「そりゃ定期的に仕事くれるから安定するけど、とにかく管理がずさんで安く仕上げてと言われるのでどうしても手抜きになりますからやりたくないんですよー」

 

と言っていた。

こだだけで判断は出来ないが、好感が持てる

 

 

こんなことをして心のなかで2社に絞った。

 

後は見積もり次第かなと。

 

 

ではまた

 

 

 

 

 

退去した部屋の原状回復の為、業者さんを呼んで初めて部屋に入ってみた

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

先日記事にも書きましたが一室退去が出ました。

 

f:id:wawwaw:20201029081119j:plain

※この写真は実際の部屋ではありません。

 

先週の話になるのですが、遂に明け渡しの日で、

部屋はアパート購入後、初めて見るのでどんなになっているんだろう?とドキドキ

 

入居者の方は前オーナーからもらった書類からすると恐らく5年住んでいて、

和室ということも聞いていたので、壁紙の張替えなどの原状回復と和室を洋室にするリフォームをしたかったので、業者も3社程呼んで、アイミツを取ろうと考えました。

 

ちなみに、僕は退去して部屋の中を見るという経験が初めてなので、

どんなものなんだろうなとワクワク、ドキドキでした。

 

一日に3社呼んで、うまくバッティングしないようにスケジュールを組んだので、朝早めからバイクを飛ばして現地に向かいました。

 

既に1社目の業者と管理会社が来ていて、中に入るとめっちゃびっくり。

 

 

めちゃくちゃ綺麗なのです!

 

 

これ住んでいた?ってくらい壁紙で汚れている箇所はほぼなく、畳だったけど、5年住んでいたわりに汚れてない。(数カ所何かを置いて凹んでいたくらい)

 

もっと驚いたのは、水回り。

 

特にお風呂が綺麗すぎて全く使ってなかったんじゃないかなと思えるレベル。

これはありがたい。

 

綺麗に使っていても、普通水垢がガラス面に残っていたりする

それが全く無い。

 

本当に使ってなかったんじゃ?だとしたら

 

どこでお風呂を?

 

なんて色々想像してました。

 

人の生活ってあまり知る機会ないので、ミステリーな気分になりました。

 

で、1社目、2社目、3社目と無事部屋の調査をしてもらい、

中にはここも変えたほうが良くないですか?と粗探しをして見積もりが膨らむ業者もいましたが、

まあ後で削るかなんて思っていたので、見積もりを楽しみにしてました。

 

 

ちなみに、3社目のリフォームが特徴的で、壁紙を張り替えるのではなく塗るというもの。値段も安くできるので、面積によってはこれのほうがいいかもな~と感じました。

 

で上がってきた見積もりが想像していたより、

十万数万~20万高かった。。

 

この部屋ってぶっちゃけ5万もとれない部屋なんです。

 

家賃の半年分くらいかなと考えていたけど、

ゆうに超えてきた。

 

でも原状回復でも2.3ヶ月くらい?リフォームで半年位とか聞いたことあったので、

そんなもんかな~と思ったんですが

 

 

大家の皆さんどうですか?

皆さんの基準値知りたい!

 

 

そもそも綺麗な和室。

人気のない和室だけど、洋室でもそこまで人が問い合わせがある部屋ではない。

そして無難な洋室を作っても問い合わせがあるのだろうか?

 

と考えたら、費用をかけて無難な部屋をつくるより、少し尖らせた和室を作る方が差別化できるんじゃないかなと考え、

一旦3社ともステイでお断りしました。

またこれも経験かなと思い、多少無駄な空室期間ができたとしても経験値を増やしたかった。

 

考えたのは3段階

 

まずそのまま和室で募集してみる

(もう始めてますが、ジモティだと洋室より閲覧数が多い)

 

どっか時間がある時に、自分で柱の塗装をしたり、

畳の表替えをする(これは流石にしたほうがいいかなと)

またアクセントクロスをやってみる、これが考えもの、和風のベタ色か原色みたいな尖った色、和柄の入った激しめのもの(これは泊まるならいいけど住むとなると・・・)

とか色々構想中

 

それでもだめなら、

元々やろうとしていた洋室も検討。

 

 

と色々やってみて反応をみたい。

 

和室だからNGというのも一般論。

和室のほうがいいという人もいるし、安ければ多少のことは目をつぶるという人も多いと思う。

 

そもそもこの部屋に住みたいというターゲットが、どんな部屋を好むのであろうか?

が重要だと感じた。それこそペルソナが必要か?

 

そもそも、不動産賃貸業をやろうと思ったのは、家とリフォームとお金が好きだからなんです。

お金だけではないというところがポイントで、そりゃ経営なので、お金有りきですが、お金をかけないで部屋づくりを楽しんでやりたいというのが最終的な結論でした。

(その割には現状のまま募集かけてますが・・・・w)

 

どうなることやら・・

 

ではまた

【4話最終回】どこに向かっているの!?後悔でしかないリフォーム業者選びを失敗した過去最大の悲劇~最終決戦編

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

前回の続き、最終回の4話目です。

 

 

 ▼1話目はこちら

▼2話目はこちら

▼3話目はこちら

 

 

f:id:wawwaw:20200602140923j:plain

最終作業でまさかの事態

なるべく土日の休みは立ち会っていたんですが、年末が近くなり、会社の仕事でイベントに参加しないといけなかったので、その日は嫁に立ち会ってもらって僕は仕事にいくことにしました

行く前に大工さんにお願いをしてました。元から床に掘りごたつがあり、閉めるための木の蓋が有るんですが、キッチンの床下収納庫と同じやり方でやってもらうように依頼しました。

 

この蓋の枠と受けの部分ってアルミ?の金属がついているのが一般的なのですが、これと同じような金属のフレームにしてください。と伝えてたんです。

f:id:wawwaw:20200604133405p:plain

こういうやつ

 

その日イベントでの仕事が終わる夕方くらいに嫁から電話がありました。

 

どう順調??って聞くと、

 

 

いや、わたぞうが

言っていたような感じになってないよ

あれ大丈夫???

 

 

 

 

え??

 

 

 

 

家に帰ってみると、受けの部分が何故か元々ついていた木を加工した木枠となっているのです。蓋は特に何もなくフローリングと木を加工したもの。

 

で蓋や周りを歩いてみると、

 

 

 

 

ギシギシ、、

 

 

 

 

ギシギシ、、、

 

 

 

 

ミリミリ、、、

 

 

 

 

音を立てたいわゆる床鳴りが発生しています。

 

f:id:wawwaw:20200605161521p:plain

 

蓋を開けたり、閉めたりするのも引っかかってスムーズに開きません。

 

 

何故これ(木枠)にしたんだ・・・・?

 

 

後日A氏らも含めた関係者が集まる作業日に、大工さんに話を切り出しました。

 

 

すいません、掘りごたつの受けの部分ですが、なんで木枠にしたんですか?

それは、ソッチのほうが良いと思ったからです。金属だと見た目がよくないですからね。

こだわりはありがたいのですが、金属って依頼しましたよね?そもそも床鳴りがしているし、それに蓋の開閉がスムーズにできませんよ。

まあ、木枠なんで多少擦れた音はしますね。。そこは我慢してもらうしか。。。

なんで我慢しないといけないんですか。それだと困ります。今から金属に出来ないんですか?

全体を加工しちゃったんで、出来ません

え?出来ない・・・・・どうするんですか?これ

そうですね。。。重なるところをゴムパッキンなどで補強すると多分音はなくなります。

わ、、わかりました。。。もう一度やり直すのは現実的でないので、床鳴りだけ直してください。そしたらこのままで良いです。

わかりました。他の作業を終わらせて最後に対応します。

 

 

 

 

 

この時点で年内にリフォームが終わらないことが確定しました。

 

f:id:wawwaw:20200605183240p:plain

 

最後の床鳴りを無くす戦い

 

年が明けて、残す所は、例の掘りごたつだけになりました。

 

元々泥仕合でしたが、

ここから更に加速します

 

もうここだけなんですが、何をやっても床鳴りが直りません

もはや木枠をやめるしか無いけど、それは現実的に難しい加工をしてしまっています。フローリングをそれに合わせて加工してますからね。

 

違う方法をとってもダメ

今週はダメ、

次の週もダメ

 

 

もはやリフォームが完成する気がしません

 

すでに皆疲弊しています。

すでに引き直したスケジュールも延長しているので、いい加減、期限を決めたいと話をA氏にします。

 

これ永遠に終わりませんよね?そろそろ工期のケツを決めません?流石に立ち会うのは限界です。

たしかにそうですね。。もうこれ以上ご迷惑はおかけ出来ません。いついつまでに終わらせます。

わかりました。そこまでは耐えます。

 

 

そして最終日を迎えましたが

結局直りませんでした・・・・。

 

 

 

 

その後、A氏から電話がありました。

 

すいません。これ以上はあのリフォーム会社の技術では対応できないと判断しました

え?、、そうなんですね。。でどうするんですか?

実は会社に相談していてこの案件の決定権を全部任せられました。つまり代金のお支払も私の一存で決められます。今回の工事は完了できませんので、ここについてのお支払いは減額させていただきます。床鳴りはご勘弁ください

なるほど、、わかりました。。(さすがに引っ張る気力はありませんでした・・)

 

と言って電話を切り、結果3ヶ月かかったリフォームはこうして幕を閉じました。

 

 

まあ言ってしまえば、僕を含めた関係者全員が不幸になる、
いわゆるwin winならぬlose loseという後味がめちゃくちゃ悪い結果になりました。

 

 

リフォーム後、振り返ってみて

リフォームが終わってだいぶ年月が経ちますが、未だにキッチンの床は斜めっているし、リビングの床鳴りもあるし、畳はぶよぶよしてますが、あまり僕は気にしてません。

(嫁はトラウマだ~と言ってしばらくホームセンターには近づかないようにしてましたが)

 

というのは僕は比較的寝たら忘れるタイプで、事件が終わって暫く経つと怒りが弱まるんです。
流石にこうやって記事にしてみると書きながら当時の気持ちを思い出してあんのやろ~~!ってまた怒りが蘇って来ましたが・・。

 

でも前向きに考えると良いことも沢山あります。

 

初めてのリフォームだけど色々な事が有りすぎて、リフォームの知識がめちゃくちゃつきました。こうしたらうまくいく、これは失敗するとか。工期はこれくらいかかるとか。

またこういう業者がいるってことを知ることもできたし、業者のスキルが有るか無いか話をすればある程度わかるようになりました。

交渉の仕方や引かない気持ちの強さみたいなものも、ついた気がします。

 

今はこうして辛かった話も笑い話にできるくらいになりました。

 

リフォーム自体も不思議と嫌いにならないで、むしろ以前より好きになって、それから複数回、他の業者に依頼してリフォームを行っています(大きい失敗はありません)。根っから好きなのかもしれません。 

 

 

ただもう二度とあんな経験はしたくないし、他の人にも味わってほしくないので、どうせなら皆さんがこうはならないように気をつけようと思えるものにしたく、当時のことを詳細に書きなぐりました。

 

最初は1記事でちょっと長めのものを書こうと思っていたんですが、書いていると問題が多すぎて(細かい事件はもっとあって、これでもだいぶ端折りました)とても1記事で収まらないので連続小説みたいになりました。(3話で終わらせたかった)

長く拙い文章をここまで(頑張って?)お付き合いいただいた皆さんありがとうございます!!

 

この全4話のシリーズを書いていて初めての経験も色々あったので、どこかで記事にします。

 

今後も記事を書く活力になりますので、

面白かったらブクマやSNSシェアなどお願いします~!!

 

ではまた

【3話目】まだまだ終わらない悲劇!後悔でしかないリフォーム業者選びを失敗した過去最大の悲劇~怒りの抗議編

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

前回の続き3話目になります。

 

 ▼1話目はこちら

 

▼2話目はこちら

 

f:id:wawwaw:20200602140923j:plain

 

日々の生活が始まりました。

嫌なことはあまり引きずらないで忘れようと思っていました。

 

工事完了書にはサインをしましたが、完全にフェードアウトをしたホームセンターのS氏からは連絡がありません。(もはやホームセンターに依頼したのを忘れていました)

まあそのうち請求書でも届くのかな~と思っていました。

 

「オワっている」リフォームの始まり・・

 

ただ、ある時張り替えた畳の部屋を歩いていたときに、ふと、

 

あれ?

 

畳がぶよぶよしている気がする・・・

 

 

新しい畳に変えたのに。。。

手で押してみても変える前と変わってない感じがしました。

でも確かに綺麗になっているんです。

 

気になってネットで調べたら、畳の表替えと言って元の畳を使って、表面だけを張り替える手法があることを知ります。

 

 

・・・・・・・・・・・・・もしや。

 

 

 

しかも後で分かったんですが、この畳の交換ですが、本畳ってい草の塊なので、今の軽いものと違ってめっちゃくちゃ重いんです。いくらガタイのいい大工さんでも大変なんですが、
たまたま僕が仕事で立ち会えない時に立ち会いを両親に頼んだんです。その両親に畳を運ぶのを手伝わせていたらしく、膝も腰も悪い親にまで手伝わせていて表替えだけか!!!!

 

 

 

またそれが気になってきたら、なんだか床の斜めっているところも気になってきました

長いことこれから生活をしていくのに、ちょっとした気になることをずっと我慢できるのか?

と考えていたら

 

 

 

急激に怒りが

こみあがってきました

 

f:id:wawwaw:20200604122111j:plain

 

また全然来ないホームセンターの担当者も、管理しないリフォーム会社の若い担当者も、なんだかんだ適当な仕事をした大工さんに対してもこれおかしくないか?

 

 

 

・・・・・・

 

 

このままでいいのか!?

 

 

 

 

 

f:id:wawwaw:20200604122200j:plain

 

 

・・・・・いやダメだ!

 

 

 

私はこのまま泣き寝入りしないで、とことん抗議をすることに決めました

早速S氏に電話をかけます。

 

 

ホームセンター担当者のS氏の呆れた電話のやりとり

もしもしSさんですか?工事終わりましたが、めっちゃくちゃスケジュール押しましたがそれ知ってます?

あ、はい?少し遅れているとは聞いているんですが。。。。

少しじゃないですよ!全然スケジュール通りにいってませんよ
しかも工事も適当な感じになっていてこれ大丈夫ですか?

え?そうなんですか?工事は無事に終わったと報告がありました。

いやいや、まったくダメです!これじゃあ終われません。
しかもなんでアナタ一度も現場に来ない上に、状況把握してないんですか!

申し訳ございません。リフォーム会社に全て任せておりましたので、、では私、すぐに状況を確認しに行きますので、お日にちの良い日を教えてください。

(さらりと丸投げをしていたことを言うな・・)いや、あなたはまったくお話にならないので、違う人を出して下さい。上司とかでいいです!

分かりました。申し訳ございません・・・

 

※ここからS氏は完全フェードアウトすることになります。

f:id:wawwaw:20200602212531j:plain

 

ホームセンター本部の偉い人A氏登場

 

S氏と電話をしたその日の夜に、

ホームセンターの本部にいるA氏というちょっと偉い人から連絡があり、謝罪とともに、現場を見たいので家を見せてくださいと言われました。
日程を調整してA氏とリフォーム会社の担当と一緒に家に来ることになりました。

 

この度は、弊社がきちんと管理をせずスケジュールも大幅に遅れて申し訳ございません

とりあえず、、、スケジュールだけの問題ではないので、きちんとチェックしてみてください。

はい、、、、承知いたしました

この畳はどうですか?ここブヨブヨしてませんか・・?これって畳が新調されています?当初の見積もりは畳の新調になってますが。

はい、、これは畳の新調ではなく表替えだと思われます。。。
なんでこんなことをしたのか。。。。ぶつぶつ。。

フローリングの床はどうですか?ここ歩いてみてください。なんか変じゃないですか?レベル調整してもらったんですが・・。

斜めってますね。。それも随分と。。レベル調整は一切行われていないと思われます。
どうしてこうなったのか。。ぶつぶつ。。。

全くですか・・・?何のために張り替えたのかわかりませんね・・

はい、、こちらからは返すお言葉がありません

 

と全体的にチェックをした結果、謝罪とともにA氏から色々提案をもらいました。

 

提案内容
  • 元のS氏は担当から外して本部A氏が責任をもって毎回現場監督をする
  • 床はもう一度張り替える
  • キッチンの床はそのままにする代わりに支払いは無し
  • 畳はそのままの表替えにする代わりに支払いは無し
  • リフォーム会社は引き続き担当するが、大工を変え毎回現場チェックをする(会社を変えてくれと言ったが責任問題があるのでそれは通りませんでした。。。)

 

ここから一度終わったと思った、リフォームが再開することになり、

 

 

まさかの

 

「第2ラウンド」を

迎えることになるのです。

 

 

ちょっと話は逸れます。

 

大工さんとの最後のやりとり

ここで大工さんを変えることになるのですが、リフォーム会社からやり直しと大工さん変更の話があったらしく(恐らく・・ギャラがでないか大幅に減らされたのか?)大工さんが僕に直接電話してきました

 

あ、大工ですが、やり直しって聞きました。

はい、床が斜めっていたんで、このままだと住めませんし。

それ俺が直すんで俺に任せてください。ちゃんとやりますから。

(よく言えるな。。)いやー大工さんは悪くないですよ。リフォーム業者がちゃんと共有しなかったから大工さんやりにくい状態になっちゃったんですもんね。

 

やる気がでないとか愚痴ばかりいっていたのと、正直怒らせたら怖そうだったので、てい良く変更をしたかったんです。それに本当に100%大工さんだけのせいではないというのも本心でした。

一番は一次請けして下請けに丸投げしたホームセンターやリフォーム会社が「悪の根源」だと思ったんです

 

いやーそうですけど、責任がありますから、俺やりますよ。

いやいやこんな作業を大工さんにやらせるわけにはいきません。リフォーム会社が悪いんです。もっと言えばホームセンターがいけないんです。なのでここらで手を引いていただいて大丈夫です。あとはこちらでなんとかしますから。

あ、、そうですか。。わかりました。。。。。

 

ここで電話を切ったんですが、その後一度家に来ました。

逆ギレでしょって思うのですが、怒っていたようでここで遠回しに(はっきり言ったら事件になるので)力による脅しをかけられました(※詳細は事情により書きません)

それに対して引いたら負けだと思って僕もここでは公開できないような脅しで返しました。当然ながら力では余裕で負けるので、違う力を使いました。(僕ももちろん遠回しに言いました)

 

f:id:wawwaw:20200605175312j:plain

 

 

 

その後、リフォーム会社に文句をいってくるといって大人しく帰りました。

 

悪の根源はホームセンターであり、リフォーム会社でもあるんだけど、どういう事情であれ、適当な工事をしたのはアナタですよと心で思いながら、別れました。

 

 

こうして大工さんは完全にフェードアウトすることになりました。

f:id:wawwaw:20200602212531j:plain

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

第2ラウンドの開始(リフォームのやり直し)

またリフォーム工事のスケジュールを引き直しました。

今度は相手も慎重に、現実的なスケジュールを作ってきました。

 

 

その期間・・・「約1ヶ月」!!

 

f:id:wawwaw:20200522063535j:plain

 

まあまあ長いです。。。合計2ヶ月

 

もう一度あれをやるのか。。。

 

でもまあ少し支払い安くなったし、今回は現場監督としてA氏やリフォーム会社の担当も来るのだから大丈夫だろう。大工さんも変更になったし。と思って依頼をしました。

 

 

新しくきた大工さんは職人さんっぽい高齢の人

 

 

もらった名刺にはリフォーム会社の名前が入っていたので社員ぽい感じだったが、

後で聞いたらお抱えのフリーの大工さんでした。

 

早速リフォームが始まったけど、仕事を見ているとすごいテキパキと作業をしてスピードも早い、そして丁寧というかスキルがある印象でした。

 

そうだよ!これだよ!こうでなくっちゃ!と安心しました。

 

それから着々と工事が進んでいくことになります。

 

この時期は冬です。軽く雪が降る中工事をした日もありました。めちゃくちゃ寒かったのを覚えてます。

 

僕も立ち会わないといけないので、そろそろ終わりにしませんか?

って言うとスケジュールが遅れるのでと言われ、そう言われると早くしてねって言っている以上、文句が言えなく我慢してました。

時には20:00近くまで作業する日もありました。

 

f:id:wawwaw:20200604132325j:plain

 

フローリングを再度剥がして張り直すので、壁紙も張り替えることになりました。

その時は別の壁紙職人がやって来るのです。

 

 

 

ある日その職人がやってきました。

あれ?どっかで見たような・・・・

 

 

 

 あれ??

 

 

 

なんと、あの1話目で登場したヤンキー職人でした
(まさかまた合う時が来るとは。。)

 

f:id:wawwaw:20200604064810j:plain

 

よく聞くとリフォーム会社の担当の知り合いっぽかったです。

今回は流石に歌は歌っておりませんでした。黙々と作業をしていました。 

 

壁紙も張り、リビングの床も順調に進んできました。

この時点で90%くらい作業が終わっていました

 

 

 

 

 

やっとここまできた・・・

この時点である程度安心して良い年越しが出来る・・・・・

 

 

 

 

 

 

この時点ではそう・・・思っていました。。。。。。。。

 

 

 

 

▼次回最終話に続く 

 

【2話目】何もかもがオカシイ。後悔でしかないリフォーム業者選びを失敗した過去最大の悲劇~大工さん工事編

こんにちは、わたぞう(@asahitv)です。

 

前回の続き2話目になります。

▲1話目はこちら

 

f:id:wawwaw:20200602140923j:plain

心配ごとが多かったが頼もしい大工さん

いかつい大工さんは、早速家のあらゆるところをチェックしてくれています。

大工さんと話をしていて聞いたのですが、元々建築現場がメインで個人宅のリフォームあまり経験が無いようでした

 

ただ基本は一緒だ!と豪語していて、若い頃から色々な現場をやっていたようなのであまりそこは心配してなく、むしろ豪快で頼もしい印象を抱いていました

 

ある程度、作業内容のチェックが終わりました。

 

どうですか?問題なくいけそうですか?

ああ、ちょっと大変だけど内容的には問題ないっすね。

やはりやるところ多いですよね?

そうだな。でもそれは依頼主さんには関係ないことだから、こちらで直接リフォーム会社と後で相談しますよ。

ありがとうございます。(こちらからすると当然だけどね)
ところで床が斜めっているところも直りますかね?

ああ、床の張り替えをするので、その際にレベル調整をすれば問題ないですよ!

おおーよかった、助かります!

 

実は生活空間のメインであるリビングとキッチンの床が傾いていたのだ。長年の劣化でそうなったのか?ビー玉転がらさなくても、歩いてクラっとしてわかるくらい傾いていた。

f:id:wawwaw:20200603110159j:plain

 

あ!あと、項目が多いと言ってましたが工事のスケジュールは大丈夫そうでしょうか?
リフォーム会社の担当者さんは2週間(土日だけなので4日)で出来るって言ってましたが、、、。

ええ~あいつそんなこと言ったの?2週間はちょっと難しいじゃないかな~。あと2日追加で3週間ならなんとか出来ると思う

(!!!??マジカ!余裕見てよかったけど、ギリだな~~。まあ仕方ないか。)そ、そうですか、、、ではそれでお願いできますか?僕も今の家引き払う話しちゃっているんで。

だよなーがんばってちゃちゃっと終わらせる

よろしくお願いします!(なんだかんだ言って頼もしい限りだ)

 

なんとか無事に工事は終わりそうな気がしていました。

そこから早速大工さんは木を切ったり工作したり大工としての作業も当然ながら、電気工事まで一人でやってました(電気工事士の免許もってんのかな?)

 

▼工事の詳細はこちらの記事で

 

2階の和室があるんですが、畳が歩くとブヨブヨしていたので、全面交換しようと思っていました。

 

ただ昔ながらのい草で作っている本畳だったようで、これ変えられるのか?と思って聞いたら、流石に本畳の交換は難しいけど、

今の建材畳床(い草ではなく発泡スチロールが入っているいるもの)なら出来るよと

とのことだったので、本畳ってめちゃくちゃ高いので、それでお願いしました。

 

畳は全部剥がしてどっかに持っていってしまいました。

 

ちなみに畳を剥がした後、木の板が有るんですが、それを剥がしたらやばいことになっていました。

2階と1階の間に空間があるんですが、そこに床を支える重要な太い木材があるんですが、(多分)シロアリに食われておりボロボロになっていました。

 

これはだめだなー。交換しないとそのうち支えている木が破損して床が抜けて1階に落ちる

ええ~~~。。そうなんですか?これって交換ですかね?

そうだね。すぐに変えた方がいい。こんな物を業者が見つけたらよだれを出しながら「このままだと家が傾く」なんて脅して高額の費用をふっかけるんだよ。

(マジカ。。やっぱりエグい業界だ
なるほど、、たしかに今相当不安ですからね。

普通ならこれで20万くらいとるところだけど、材料費として2万もらえれば、追加で作業してやるよ!

ありがとうございます。お願いします。(後でわかるのだが木材で2万はしない、、が結構大きくて長い木材なので作業費も込なら、まあ妥当かな・・)

 

とこれは直接現金で2万円払って新しい木材に差し替えてもらいました。

まあ本来であったらリフォーム会社(いやホームセンターか・・)に頼んでいるわけなので、直接職人に払うのは良くないことなんですが、焦りのあまり気にしてませんでした。

 

それからどんどん色々な箇所を工事していきます。

肝心の斜めっている床は畳とフローリング剥がしてそのまま下地のコンパネが出ている状態で、横にフローリングの木材が置いてあった。

 

僕はリフォームの勉強もしたかったので、大工さんに色々話を聞きながら、そうやって直すのか?とか業界の裏話とか聞きながら、たまにコーヒーを近くのコンビニに買いに言って差し入れをしているっていうのを朝の9:00くらいから夕方17:00くらいまでやっていました。

 

 

ちなみに肝心のリフォーム会社の担当者は2週目になっても来ませんでした。

 

 

ちょっと気になったので電話したら、他が忙しいようなので、毎回は行けないが工事が進んだらチェックしに行きます!とあの若い担当者が言っており、

工事内容が伝わってない!とライトにクレーム言ったら、あれ?ちゃんと伝えたんですけどね。職人さん大雑把な人が多いんです・・って言われました。

 

まあ工事は無事ちゃんとすすんでいるからいいや。と思って電話を切りました。

 

 

2周目後半に差し掛かかる頃に、大工さんの知り合いだというチャラチャラした金髪ヤンキー風の男女2人の職人が登場しました。

f:id:wawwaw:20200604064810j:plain

 

この二人は壁紙を張ったり、ペンキを塗ったりする職人らしく、聞いてみると二人は夫婦らしく、30代(夫)と20代前半(嫁)のコンビです。

 

いつもまあまあの音量でラジオ?CD?をかけて、大きな声で歌を歌いながら壁紙を張っていました

 

態度ワル!そしてうるさいって思いましたが、

話をしてみると、壁紙職人にこだわってやってきたようで、腕に自信があると言ってました。自信があるからこの態度なのか。なるほど頼もしい!とあまり気にしないようにしました。

 

そうこうしているうちに、リビングの下地のコンパネも根太(床の荷重を大引に伝える役目をしている部分)を全て剥がして、下の土が出ている状態になりました。

 

この家は古い作りなので、基礎にコンクリを張ってなく、土の上に家を立てているので湿気が多いんです。(古い戸建てはよくある)

 

f:id:wawwaw:20200603075449g:plain

 

その状態になったら、やっとリフォーム会社のおじさんが来ました。

 

床下のシロアリの工事と調湿剤をまくためです。

 

もちろん剥がさなくてもできるんだけど、今回はレベル調整もするからという理由で剥がして、そのタイミングで調湿剤をまいたほうがやりやすいので、そういう流れになりました。

 

 

というかリフォーム会社忘れていた。。。

 

 

 

作業が終わり、またこのおじさんも例外なくフェードアウトすることになります・・・

f:id:wawwaw:20200602212531j:plain

 

 

色々なことがあり、3週間目の土日がやってきました。

やっと今週で終わる~って想いでした

 

見ていただけなんですが結構なストレスなんです。最初は楽しいんだけど、平日仕事をして、やっと週末か~と思ったら、朝早く起きて新居に向かい、
遊びに行きたくてもいけない。土日はフルで一日潰れるのを3週間もやるんですからね。

 

この週の土日も朝から作業をしてくれてました。

ただ気になるのはリビングの床とキッチンの床です。リビングの床は地面の土が出っぱなしというわけではないが、下地のコンパネと根太が出ている状態で、他の作業をしています。

 

素人目からしても、これ土日で終わるのか?と思い、大工さんに確認します。

 

これ今週で終わります?

ん~。多分大丈夫だと思うが、やることが多いからね~。

(それは最初からわかっていたでしょ・・)はぁ、、、でも住む場所が無くなるんで、、

だよな~。なんとかするわ~(軽い言い方)

 

同時に引っ越しの準備も進めていたので結構切羽詰まっていました。

 

 

 

 

 

ただ日曜日の午後あたりに・・・

衝撃の一言が!!!

 

 

 

 

あーやっぱ終わらないわw

 

 

えっ・・!?今なんて?

 

 

 

薄々は気がついてましたが、どこかでプロの腕を信じていました。。

 

 

 

 

いや~困ります。前のマンション解約の手続きしてもうすぐ引っ越しするんですよ!

ん~そう言われてもな~。こっちもちゃんとやっているしな。

わかりました、リフォーム会社に確認してみます!

 

ちなみにこの時点で、リフォーム会社の若い担当者は一度も来ていません。。。

 

(実は何度か連絡はしていたんですが、忙しいとか大工に任せているので大丈夫。もう少ししたら行きますの回答だったので、嫌になり少し放置していました・・)

 

 

流石にありえないと思ってリフォーム会社の担当者に電話しました。

 

もしもし!今大工さんに聞いたんですが、今週で終わらないって言ってますが大丈夫ですか?
そもそも2週間とか言っていたのが3週間になり、それでも終わってませんが!

すいません。大工に確認します。ただ内容が内容なので、時間はかかると思います。

なんでじゃあ最初から言ってくれないの!引っ越し日決まっているんですよ!

すいません、僕の工数見積が甘かったです。

いやいや、このままだとリフォーム中の家に住むことになりそうですよ!というかそもそもなんで来ないんですか?

すいません、他の現場に追われてまして、、もう少ししたら行けるので現場を見に行きます。

(ラチがあかない・・)わかりました・・・・。もう少し我慢します。

 

そう言って電話を切りました。

 

 

そうして遂に最後の1ヶ月目の週に入りました。

しかも、また大工さんからは

 

今週でも終わらない・・・・

 

とのこと、

 

そのまま新居に引っ越しをしました。

f:id:wawwaw:20200603114355j:plain

 

つまり

リフォーム中の家に住むこと

になったのです。

 

この時の状況で困ること

1階のキッチン及び、リビングの床が貼れてない上に、木くずだらけ

1階は靴を履いて家の中を移動してました。風呂は普通に使えたので、そこだけ靴を脱ぎ、料理は作れないので、基本外食や弁当を買ってくる

 

2階の寝室の電気工事は終わってない

1階は風呂以外使えないので、生活場所はベッドだけがおいてある寝室しかありませんでした。ただ電気がつかないので、デスクライトを持ってきて高いところにおいて部屋全体を照らすようなことをしていました。

 

f:id:wawwaw:20200604070137j:plain

ポルターガイストではありません(わかるかな・・?)

 

 

 

なんというか、他人の空き家に勝手に家に住み着いているみたいな気持ちがずっとありました・・・。

 

しかも平日は仕事ですから、ぐちゃぐちゃな家に疲れて帰るのってストレスが相当なもので、怒りが絶頂に達しそうでした

 

ちなみにこの時期は10月少し寒かったので布団に入って暖をとりながら暗い部屋で妻と2人してテレビを見てました。もやは平成の生活ではありません

 

ちなみに、ここから工事は毎週「今週は終わらない」の繰り返しで、

 

 

結局1.5か月かかりました。

 

 

大工さんには最初なるべく早くしてと言ってましたが、もうこうなった以上、ちゃんとした仕事をしてほしかったので、時間かかってもちゃんとお願いしますって話をしてました。

1ヶ月を超えて、リフォーム会社の若い担当者は今週行きますとか言っていたが、いまさら感もあったので、もうそろそろ終わるから完了したら来てと伝えました。

 

 

 

そしてやっとのことでリフォーム工事は終わりました。

 やっと戦いが終わった・・・・・そう思っていました。。

 

 

 

 

 

ただ1点気になるところがあったんです。

リビングの床の張り替えですが、ずっとブルーシートが引いてあったんです。

 

f:id:wawwaw:20200604070407j:plain

 

 

見ようとすると大工さんが、まだフローリングを貼っているボンドが乾いてないから、いじらないでと言われブルーシートの中を見ることはできませんでした

そして工事日の最終日にそっとブルーシートを外して帰りました。

 

 

ブルーシートが外れた姿を初めて見たときは、めっちゃくちゃ見栄えが綺麗で新しいフローリングはいいな~~と寝っ転がったりしてました。

ブルーシートを直前までかけていたのも、やはり乾かしていただけだったのかと安心しました。

 

 

ただどこか違和感を感じてました。

 

 

 

そして最終日、リフォーム会社の担当がやっときて(見積の時に来た以来です・・)最後の工事のチェックをします。(大工さんはいません)

これを確認して問題なかったら工事完了書にサインをして残りの金額を振り込んで終了です。(頭金1割だけ支払っていました)

 

 

色々あったことをブツブツ文句言いながら、ひとつずつ確認して早くこのリフォームを終わらせたいの一心でした。

 

 

ふと、綺麗になったキッチンを歩いてチェックしていると、

 

 

ん?

 

なんか違和感が・・・・。

 

 

 

 

 

部屋の端っこから端っこまで何度か歩いていると分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

床が斜めっているのです。。。

 

 

 

 

 

 

 

もしかしてと思って、リビングを歩いていると、

あれ?ここも斜めっている気がする・・・

(もしかしてあのブルーシートの意味って・・・)

 

 

 

でもなんとなくそんな気がする程度でそこまで自信がありませんでした。

リフォーム会社の担当に聞いてみると、

 

ん~そうですかね~。

まあもともと、斜めっていたし、中古は新築のようにはいきませんからね。

と言います。

 

 

 え。。。。。!?そういうもの・・・・・???

 

 

と、もはや早く終わらせて完了させたいという気持ちが強くあったので

まあ多少だし、もういいかと思いました。

 

 

色々納得がいかなかったんですが、

完了のサインをしてしまいました

 

 

 

これでやっと平和な日々が始まる・・・

 

 

そう思っていたんですが

これが後悔でしかないリフォームの始まりでした。。。

 

 

 

▼第3話に続く・・・

 

Betmob|投資家ブログまとめメディア